Blog

ブログ

北海道の田舎を楽しむ!八雲町にある古民家ゲストハウスSENTŌ

2020.4.22

自然豊かな大地北海道。

そんな北海道で、自然を間近で感じたい、観光客のいない秘境に行きたい、静かでのんびりした所に行きたい、ローカルな人と交流したい、そう思っている人にはここ八雲町のゲストハウスSENTŌがおすすめです!!

北海道八雲町

八雲町は北海道の南に位置し、函館から電車・車で1時間ちょっと、札幌から電車・車で3時間ちょっとの距離に位置する田舎町です。一次産業が盛んで、農業や漁業、酪農など多くの生産者がいて、彼らの日常業務を体験できるアクティビティーも多く存在します。

古民家ゲストハウスSENTŌ

そんな八雲町の中心地には、古い銭湯を改築したゲストハウスが存在します。隣には地場産のレストランも併設されていて、湯舟の中でご飯を食べる事もできるんです!

これは大正時代の元銭湯「草津湯」。

昭和時代の草津湯。

お部屋

古民家ゲストハウスSENTŌには寝室が3部屋あります。

男女混合ドミトリー。1泊3,000円です。

女性専用ドミトリー。1泊3,000円です。

個室。1泊4,000円です。

共有リビング。旅人同士やゲストハウススタッフと交流ができます。

地場産レストラン

ゲストハウスは元銭湯のオーナーさんが住んでいた家を改装したのですが、隣のレストランは銭湯そのものを改装しました。当時の銭湯の雰囲気がかなり色濃く残っていて、銭湯の湯舟の中で食事をすることも可能です。

体験事業

SENTŌでは八雲町をより楽しんでもらえるために、様々な体験事業を提供しています。農業や漁業、酪農を体験する一次産業体験、スノーシューや釣り、ハイキングなど自然を体験する自然体験などその時期にあった魅力的な体験ツアーをここで申し込むことができます。

お客様の声

今まで古民家ゲストハウスSENTŌ宿泊頂いたお客様の声をいくつかここに記載します。

「雰囲気がすごくよく、古いけど清潔感のある良い宿でした。」

「地元の人とお酒を飲みながらたくさん交流できたのが一番楽しかった。」

「楽しい体験アクティビティーをたくさん紹介してもらい、貴重な体験をすることができて良かった。」

「英語の話せるスタッフやボランティアの外国人もいたりと国際色豊かでとても楽しい雰囲気の場所でした。」

まとめ

北海道八雲町にある古民家ゲストハウスSENTŌは築100年以上経つ元銭湯を改築したローカルな人と交流できるゲストハウスです。隣にある地場産レストランや八雲町の産業や自然、文化や歴史を楽しめる体験アクティビティーも楽しめるので、宿泊だけでなく北海道の田舎を楽しむには絶好のゲストハウスです。

 

以下からご予約可能です。

↓↓↓

ご予約はこちら

質問等あればいつでもお問合せ下さい。